フロントスピーカー交換(DIY)

右側のドアについているスピーカーがおかしくなりました。
音が割れます。ビリビリと音が振るえ非常に聞きにくいので、何とかすることにしました。
パーツ検索からスピーカーの値段を調べると左右セットで約6000円しました。
となると工賃を入れると1万円はくだりません。スピーカー交換か、いっちょ自分でやって見るかと思い立ち、中古のスピーカーを探しました。
Yahooオークションで1000円で出ていたので、半分冷やかしに1000円で入れたら、誰も参加せず落札してしまいました。しかし相手が九州の人で送料が900円。
合計1900円で部品が手に入りました。
次に、交換方法ですが内張りを剥がすんだろうなとは知っていましたが、やったことはありません。HPで調べるとミンカラに写真付で詳しく書いてくれている方がいたので、見るとできそうな気になってきました。
で実際にやってみましたので、記録を残します。
まず、ドア内側全景です。左下のスピーカーを交換します。
a0010297_16175356.jpg

最初にやることは、右上の小さな反射板を外すこと。この下にネジが隠されています。
気を付けることは、内張りと反射板の間に薄いものを差し込んで起こすだけなのですが、無理すると内装に傷をつけてしまうので、慎重に薄くて硬い物を差し込みます。
今回、わたしは「内張り剥がし」を買ったのですが、この部分には厚すぎました。
そこで以前別の用途のために100円ショップでかった、パテへらを使いました。
a0010297_1618881.jpg

次にやることはツイーターを同じような要領で慎重に外しました。でも結果的に下のスピーカー交換だけならこれを外す必要は無かったですね(^^;
次にトルクスネジを4箇所外します。丸いドアのポケット部分の周囲に3箇所と先ほど外した反射板の下に1箇所あります。後期型は肘当ての部分が大きくて一箇所のネジを隠しているようなので肘当てを先に外す必要があるようです。これが結構難しくてポイントのようなので、別のサイトで確認してください。
a0010297_16181862.jpg

つぎに、いよいよ内張りを大きく剥がすのですが、ポイントをあげます。
1.下から剥がすこと。
2.足元灯の付いている車はその時点でランプのコネクターを抜くこと。
3.ドアロックのポッチに気をつけること。
4.思い切ってやること。
です。
下を覗き込んで内張りの隙間に内張り剥がしを差込みグイッと起こすと、「ポチッ!」というかなり大きな音とともに止めてあるクリップが抜けます。
あまり気をつかって慎重にやる必要はありません。ぐいっと行きましょう。
下と横で9箇所くらいのクリップを外します。
そうすると上の部分のクリップが6箇所残ります。
a0010297_16183056.jpg
a0010297_16183912.jpg

ここを無理に引っ張るとドアロックのピンが折れそうになりますので、ゆっくり外しましょう。
外してみるとわかるのですが、ドアロックのピンは結構自由に動きますので、内張りを剥がすときに多少変形しても大丈夫のようです。
a0010297_16185086.jpg

内張りをひっくり返してみました。防音用のインシュレーターが貼ってあります。
音質にこだわる人はこの辺りをデッドニングといって色々と防音加工するようですが、私はこだわりは無いので、ビビリ音さえ出なければOKなんです。
a0010297_1619037.jpg
a0010297_16191149.jpg

スピーカーは4本のプラスネジでとまっているだけなので簡単に交換できました。
交換したスピーカーに書いてある文字が違いますが、何がどう違うかはわかりませんでした。
a0010297_16192136.jpg
a0010297_16194514.jpg

スピーカー交換完了です!(^^)
後はばらした逆に留めてゆくだけ。ドアロックピンをあわせながら内張りの上部のクリップピンをあわせて、グイッと押すとカチッととまる。入らないところはクリップの位置に合わせてドンドンと内張りを叩くとカチカチと留まってゆきます。
クリップが全て留まったら、トルクスネジを4本締めて、ツイーターのカバーと反射板をプチプチと押し込んだら、全て完了です。お疲れ様。
a0010297_16195722.jpg

今回使った工具です。
内張り剥がしは今回のために購入(714円)しましたが、無くともできます。
でもあった方が安心って程度かな。
トルクスレンチは以前リアシートを外すときに買ったものです。今回は簡単に回りました。
あとは普通のプラスドライバーとパテへらを使いました。
a0010297_1620588.jpg

やってみて、思ったよりも簡単にうまく行きました。
プラモデルを作るのが好きだった人ならできます。

最後に、音楽をかけてみましたが、大きな音を出してもビビリが無く綺麗な音を出してくれました。かかった費用2614円、かかった時間ゆっくりやって1時間です。
[PR]
by kan2_mini | 2007-10-06 16:20
<< 40回東京モーターショウ MI... バッテリーを交換しました、、、... >>