続:日本のユノディエール

前回、直線路の距離を5kmと書きましたが、それは地図上でおよその距離を計ったものでした。そこでその後、日本のユノディエールの直線路を再び走る機会があったので、MINIのトリップメーターを利用して正確に計測したところ、直線路は5.5kmありました。
さすがの直線です。

そして、その時さらに重大なことに気づいたのです。それはやはり前回話した規制標識の事です。前回この道路は速度規制標識が無い、つまりこの直線路は標識では規制されていない法定速度の60km/hが最高速だというこを書いたのですが、規制されていないのは速度だけではありませんでした。

驚くべきことに、この直線路には道路標識が一切無いのです!!!

標識が一切無い道路なんて経験したことありますか、皆さん?

でも、標識が一切無いのはたぶん意図的にそうしているわけではなく、規制するものが無いので標識を掲示しようがないのです。
つまり速度は法定速度の60Kmなので標識をかける必要がありません。
全くの直線なのでカーブの標識もありません。
追い越し禁止ではないのでその標識も無いし、駐車禁止でもないのでそれもありません。
つまり、私が日本のユノディエールと呼んでいる、この直線道路は道路として一切の規制が無い、「道路標識の無い道路」だったのです。

ps.
あれ、国道の標識はどっかにあったはずだなぁ。
でも脇道も無いので国道の表示も極わずかしかないかも知れません。
[PR]
by kan2_MINI | 2008-04-21 00:11
<< MINIのイベントに参加しました。 日本のユノディエール?(まるで... >>