車検後

私のMINIが7年目の車検と修理から上がってきました。
この時期は洗車も掃除もほとんどしていませんから、車内もかなりドロドロだったのですが、ディーラに入れると車内まで綺麗にして帰ってくるのが嬉しいです。
さて、今回の車検で大きな修理&変更は足廻りです。限界まで磨り減ったディスクロータとディスクパッドを4輪とも交換し、さらに今回はフロントロアアームのブッシュを交換し、アッパーマウントのナットが緩んでいたのを交換しました。
そして今日車を受け取って帰路、修理された車はハッキリと体感できるほどの変化がありました。

一番の変化はフロント周りのリフレッシュでしょう。思えばサスペンションの上下が両方共緩んでいたわけで、そういえば普段乗っているときから、なんとなく振動やビビリが大きくなったきたかなぁ、位には思っていたのですが、徐々に起こる小さな変化には体が慣れてしまうのでなかなか感じにくいものです。

それが今は「シャキ」っとした乗り味で、大げさに言えば新車の足回りに戻ったような感じです。
そう、新しい運動靴を履いて紐をきちっと締めた感じですね。
まぁ、室内のビビリは相変わらずあるのですが、軽い段差を乗り越えるときのハンドルの手ごたえといいますか、車体の揺れといいますか、これまでは「ガタタッ」と乗り越えていたギャップを、「トトッ」っといなします。
従って、ハンドリングのダイレクト感が増した感じで、運転が楽しくなりました。
この修理に39,365円かかったわけですが、これは正解ですねぇ。
皆さんももし、フロントのブッシュが交換ですねと言われたら、「出費は痛いですが、喜んでお願いします」とお答えください(^^)

問題はリアだな。
以前からリアは冬タイヤにすると、大きな段差を乗り越えるときにギシギシという嫌な音がしたのですが、夏タイヤにすると収まっていました。今年はまだ冬タイヤですが、夏タイヤにしてまた収まれば良いのですが、収まらなかったらリアのブッシュも含めて一度見直してみようかな。

ps。
今年も明後日ですが雪融けと同時にボディーコーティングを行います。
これで3年連続コーティングですが、これからも出来れば続けたいと思っています。
塗装を保護し艶やかなボディを保つためには、出来るだけボディーに触らないことという教えに従って、洗車は極力簡易に行い、たっぷりの泡でやさしく洗い水で流した後は、ボディを拭かずにワックスもかけないという方法をとるつもりです。
水を拭き取る代わりに吹き飛ばすエアーコンプレッサーが欲しいなぁ。
[PR]
by kan2_MINI | 2009-03-20 14:55
<< 【エコドライブ】MINI無給油... 7年目の車検 >>