2009年 オータムラン

私の所属するMINIのクラブでは毎年サーキットイベントを開催している。
昨年は都合により中止されたが、今年はどうにか開催にこぎつけた。
日時は毎年決まって体育の日の連休を利用して行われる恒例の行事となった。
過去に一番盛り上がった時はサーキット参加台数が25台ほどで、サーキット走行後には、クイズラリーという楽しいイベントも行われ、夜にはホテルに泊まって大宴会が行われた。今は残念ながら、かつての勢いは無く今年のイベント内容は、サーキットを走ってツーリングをして、ホテルに泊まるという落ち着いたイベントだった。

高速道路のパーキングエリアに集合すると、クラシックMiniが止まっている?
旧ミニに乗っているクラブの友人がイベントの話を聞きつけ、顔だけ見に来たと言うことだった。
完璧にレストアされたBRGの美しいクラシックMiniはいまでも充分に魅力的だ。
パーキングの駐車場内を少しだけ運転させてもらう。
クラッチ操作やギアチェンジに問題は無いが、驚くべきはそのブレーキの甘さだ!
現代の車のつもりでブレーキを踏んでも、何の抵抗も無く「ツー」と進んでしまう。
小さな車なので力を入れてグーーー、と踏めば確かにブレーキはかかるのだけど、、、、、。
その違いには驚いてしまう。
慣れないと間違いなくお釜を掘るぞ(^^;

さて、肝心のサーキット走行ですが、10万キロを経過した私のMINIで全開サーキット走行をしても、果たして大丈夫だろうかという不安も多少ありましたので、少しずつスピードを上げて、何周か、、、、と思ってはいたのですが、コースに出ると一気に血が沸騰しまして(^^;最終コーナーを立ち上がるときには、もうアクセルを床も抜けんばかりに踏みつけていました。
2年前にハイグリップタイヤとSPAXの強化サスで固めた足周りを止めて、いまはSのスプリングとKONIのソフトサスを組んでいますし、タイヤもコンフォート系のものですので攻めたって、と思ったのですがいざ走るとなると何でも良いんですね。
タイヤをギャーといわせてコーナーを攻め、直線で抜かれるSにコーナーで思い切り突っ込んでゆく走りをしちゃいました(^^;
前回ASCのスイッチを切るのを忘れていたのですが、今回は忘れずにASCを切って走りました。
さすがに最終コーナーではASCを切った方が駆動力が強いことを実感しましたし、前回よりはタイヤのグリップが大分落ちていることもあって、最終コーナーを全開で立ち上がるとスピードが乗るに連れて思ったよりもアウトに膨らんでしまい、コースアウトしそうになります。COOPERからSに乗り換えた友人が、かつてここでコースアウトし泥まみれになったのも分かる気がしました。

最後にコース上で皆で記念撮影をしてサーキットイベントを終えたのでした。
そうそう、最後にお遊びでバックスピンターンをかましてやろうと、バックで思いっきりアクセルを踏みつけたのですが、エンジン回転が頭打ちになり全然スピードが上がりませんでした。
なのでスピンできるようなスピードになりません。ずいぶん昔ですがランサーに乗っていたときにはそれなりに出来ましたので、現代のMINIのCVTには何か制御が入っているように思います。
(ニュートラルでアクセルを思い切り踏んでも回転は上がりませんが、似たような制御かな)

その後、皆で食事をしてから、サミットの開催で有名になったウインザーホテルまでツーリングをしました。ロビーで外人の女性が本物のハープを奏でているという素晴らしいホテルですが、ラウンジのコーヒーでもサービス料が入って1000円はします。
ロケーションも素晴らしいので、どこで写真をとっても絵になりますねぇ。
サミットのときに各国の首相が並んで写真を撮ったという場所に皆で並んで写真を撮ったりと楽しいひと時でした。

夜はすっかり常連となったホテルの若旦那に「今年は人数が少なくてすみません」というと、「いいえ、お顔を見られただけで嬉しいです」と嬉しい言葉を頂き、ささやかな宴会の後部屋に戻って、皆で「大貧民ゲーム」で大いに盛り上がったのでした。
[PR]
by kan2_MINI | 2009-10-14 10:33
MINILIFE サマーイベント >>