<   2004年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2005年モデルを見て

MINI.comで2005年モデルの詳しい変更点が解説されていた。
写真も付いてなかなかわかりやすい。
今回の変更はCOOPERで30箇所にも及ぶなかなか大幅なチェンジであるように思えた。しかし、現在のモデルとじっくり照らして考えると、、、、。

車のモデルチェンジには2つの要素がある。
1つはあくまで意匠的な変更である。
そしてもう一つは技術進歩も含めた改良である。

こうして考えた場合、COOPERの場合は技術進歩と呼べる変更は、
1.ミッションの改良
2.ヘッドライト、テールライトの変更
上記2点だけである。その他の28件は全て意匠的と言って良いくらいのデザイン変更なのである。
ミッションはZF製からゲトラグ製に変更になったと同時に変速比の見直しが行われたので、改良と言っても良いだろう。
ヘッドライトとテールライトは現代的な「マルチリフレクターヘッドライト」に「LEDテールライト」なので、これも改良されたと見て良いだろう。
その他に関しては好みの問題なので、現行MINIとマイナーチェンジMINIを個々人が見比べて判断して頂けば良いのではないだろうか。
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-28 19:22

2005年モデル(クーパーS &クーパーSカブリオ)

やっとというか、待望のというか、やっぱりというか、
クーパーSの2005年モデルとクーパーSカブリオが発表になった。
a0010297_164759.jpg

そしてそこには悩ましい2つの項目が書かれている。
1.クーパーSのスタイリング変更は無し。(ヘッドライトとテールランプは変更)
2.170bhpにパワーアップ。

現行の安定感あるスタイリングを引き継いだ上に、パワーアップしたSは魅力的になったかも知れない。今となっては古さを感じさせたレンズカットのランプ類がプロジェクターとLEDに変わるという変更も新技術の導入という意味で歓迎できるだろう。

クーパーSカブリオレのフューエルキャップがメッキタイプでなく、ボディーと同じ蓋なのはデザイナーのこだわりだろうか?
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-24 16:49

2005年モデル(ONE、クーパー)

a0010297_163428.jpgカブリオレの発表に引き続き、つにONE、クーパーのマイナーチェンジ版の発表がなされた。
基本的には噂通り、カブリオで変更のあった部分がそのままONE及びクーパーにも変更が適用にになっているようだ。
ちょっと驚いたのは、5MTギアボックスがZF製からゲトラグ製に変わったのに伴い、ギアレシオの見直しがされている。
発表によると「ちょっと速くなったよー。」的な書き方だけど、実際には無視できる程度の変更だと思う。特に評判の悪くはなかった5MTの変更なので、シフトフィールなどがどのように変わったのかは今後の情報を待とう。
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-24 16:35

英国でMINI販売10万台を達成!

英国では今月ついにMINIの販売登録台数が10万台に達したそうです。
10万台目の記念のMINIはシルバーのクーパーSで記念としてエンジンカバーに10万台目である事が記されたそうです。
実は予定では英国での販売予測は(2万5千台/年間)だったのですが、その予想を大きく裏切って、年間に4万台以上も英国では売れ、この数字は世界で最も登録台数の多い国となっています。
販売量の増加に合わせて生産能力もどんどん高められており、昨年の生産台数は176000台という凄い数です。
このペースで行くと今年後半には累計50万台のMINIが73の国に対して配送されることになります。

対して日本では販売量の枠もあるでしょうが、年間1万5千台くらいの登録でしょうか?
それにしても売れていると思います。
驚くのは、通常の国産車だと発売当初の販売量はそれほど続かないのが普通です。
対してMINIは大きな宣伝を行っていない性もあるでしょうが、販売量はじわじわと増えています。
購入年齢層も実に幅広いです。比較的購入しやすい価格帯ということもあるでしょうが
、趣味性の高い車でこれだけ年齢層が広い車は無いのではないでしょうか?
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-21 12:39

デリケートなタイヤ交換

最近、タイヤ交換を行った。冬タイヤから夏タイヤに交換した際に、2年経って減りの目立っていた夏タイヤを友人から安く譲り受けた新品に近い中古タイヤに履き替えたのだ。
そうするとハンドリングに驚く様な変化が現れた。
左曲がりのコラムに書いたので読んだ方もいるかと思うが、タイヤ交換を行った結果、ハンドルが驚く程軽くなり、路面からの手応えの無いダイレクト感に欠ける非常につまらないハンドリングになった。
まるで、買い物車の国産車の様なハンドリングだ。これではミニでは無い。
そこで冷静に考察してみたのだが、友人から譲り受けたタイヤは数100kmは履いていたタイヤだと思う。そしてその間に多少なりとも片減りを起こしていたと思われる。
(これはアライメントが狂っていると言う意味ではなく、どんな車でも垂直に立って均等に減るタイヤは無いと言う意味です)
そのタイヤを前後左右適当に私の車に組み込んだので、タイヤの接地が不均等だったのだ。しかも、Jで行ったタイヤ交換は空気圧が低かった。
そして今数百キロを走行し、空気圧を適正に高めた結果、再び私のMINIはクイックなハンドリングと路面からの情報を的確に伝える優れたハンドリングを取り戻しつつある。
同じ事をして同じ結果を得た教訓
★MINIのタイヤ交換は無計画なローテーションを行ってはいけない。
特にホイールからタイヤを外した際には、正確に元に復元する必要が有る。
(2度もホイールから外したタイヤを付ける様な人はいないか)

PS.
MINIはクイックなハンドリングで、路面からの情報を敏感に伝える優れたハンドリングですが、これは反面「タイヤとハンドリングにもの凄くシビアなセッティングをしている」といえます。
これだけ敏感なハンドリングだといじっても考察しても楽しいですよね。
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-18 22:12

ジョンクーパーチャレンジ用S

a0010297_215729.jpg
このMINIは2004年度のジョンクーパーチャレンジワンメイクレースの車両である。
公道も走る事のできるこの車両は、ある意味公道上のチューニングカーMINIとしては最高のお手本であると思う。
そしてこの車両を見ると、安全に速く走る事を目的としたチューンドカーとドレスアップカーの違いも明瞭となる。
例えば、安全に速く走る為にツライチなんてオフセットは行わない。
フェンダーとの隙間を気にしてむやみに不必要なローダウンは行わない。
大幅なインチアップは避け、軽量16インチワンピースホイールにSタイヤ、強化したブレーキを持っている。大げさで取り付けの甘いスポイラー類も避けている。
「それでもこの車両はどんなMINIのドレスアップカーにも負けない程美しいと私は感じる」
事実このMINIは速く走る事ができるだろう。これは「本物が持つ美しさだと思う」
ウイングタイプのリヤスポイラーは愛嬌だろうか?効果の程は不明である。
一般的にはハッチバック車のリアスポイラーは車体後部の整流効果を狙ったもので、ダウンフォースを得る為のものでは無いので、この形状では効果が薄いと思うのだが、、、。
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-15 21:58

MINIらしさの一端

この写真は1959年5月生産のモーリスミニマイナー、つまり初代ミニのインテリアである。
そしてNEWMINIはこの写真をパッと見ただけで、初代ミニの特徴を4つは引き継いでいる。
おわかりになるだろうか?
a0010297_231544.jpg

1つはセンターメーター、2つ目にメータ下のトグルスイッチ、3つ目は若干下に角度の付いた2スポークステアリング、そして4つ目はダッシュボード部分の棚である。
このようにNEWMINIのミニに対するこだわりはかなりのものがある。
時代とともにこのような特色も薄れ新たなMINIの魅力が特徴となって行けば良いと思うが、クラシックミニから世代交代を受けた今だけは、せめてこれらのこだわりを記憶に留めたいものである。

残念ながら、棚は2002年の途中にグローブボックスに変更になってしまった。
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-08 23:16

JCWチューニングキット5000ユニット出荷

クーパーとクーパーS用のJCWキットの出荷が5000ユニットを数えたそうです。
クーパー用約41万円、クーパーS用役73万円という高価なキットにも関わらず、これだけの数が販売されるのは、やはりメーカー保証が付くこと、そしてジョンクーパーという伝説のもつ魔力でしょう。

日本ではONE、COOPER、COOPER Sというラインナップですが、アメリカではCOOPERとCOOPER Sだけですし、お金持ちのMINI中東ではCOOPER S WORKSとしてJCWのキットを取り付けた車が、メーカーの純正ラインナップに並んでいます。
http://www.mini-me.com/

JCWではより過激なチューンモデルを開発中という噂ですが、真相はわかりません。
BMWの幹部がWRCへのMINIの参加に関して、ホモロゲーションをクリアするために5000台のモデルが売れるよう出れば、考慮しても良いようなインタビューが以前ありましたが、この5000台という数字と今回のJCWキット5000ユニット販売の結果とは果たして関連するでしょうか。
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-07 18:25

カブリオレ価格

イギリスでカブリオレの価格が発表になっています。
日本国内価格は仕様も違うので現時点では判りませんが、価格差が57万円ほどになりますので、COOPERカブリオレの予想国内価格は280万円程度です。

MINI  One Convertible £13,325 約260万円
(参考ONE £10,405 約203万円)
MINI Cooper Convertible £14,625 約285万円
(参考COOPER £11,705 約228万円)
[PR]
by kan2_MINI | 2004-04-02 12:33