<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

MINIはいろいろな仕様がでますね。

この写真を見てこれが何なのか直ぐにわかった人は、ファッションに詳しい人であろう。
a0010297_19562828.jpg

MINIはこれまでも様々なメーカーと面白い企画をタイアップしてきたが、MINIと言う車が老若男女を問わず非常に幅広い層から支持を集めている性であろう。
高いファッション性があり、ルックスの愛らしさもありながら、スポーティな側面も持っている、稀有な車だといえよう。

さて、この写真わかったでしょうか。
[PR]
by kan2_MINI | 2005-05-28 19:59

MINIモンテカルロ

ソフトローダーということで、MINIの派生車種としてオフロードモデルの計画があるようだということをお伝えしましたが、その後このうわさはかなり確度が高い情報であるかもしれません。
現在、オックスフォードにおけるMINIの生産能力は年間19万台にまで高められましたが、この能力は2007年までに25万台にまで増加する予定です。
つまり、増加される年間6万台のMINIはSUVであるという事です。
MINISUVは若干全長が長く、若干車高が高いのに加え4ドアとなり後部ドアは、後ろヒンジの観音開き方式(RX-8式)になり、後部座席の乗り降りを易しくしています。
MINIの特徴としては、フローティングルーフと丸目の愛らしい顔を失わず、MINIである事を表現しているとの事です。
a0010297_10103226.jpg
もうひとつ、BMWはゲトラグ社が示したAWD(全輪駆動車)に非常に興味をしめしたようですが、BMW内部では1.6リットルターボチャージャエンジンを230psまで引き上げ、全輪駆動と合わせて完璧なコーナリングを行う車として「MINIモンテカルロ」という名前で登場する可能性が示唆されています。

BMWでは1995年にMGローバーを傘下に置いたときに、世界ラリー選手権への参加を検討し、かつてモンテカルロを制した「MINIの歴史的な復活」という形が最も完璧な参加方法であることを理解していました。しかし、この計画はローバーを売却した際に凍結されていました。
しかし、その後MINIの販売が予想以上の伸びを示したため、いま再びMINIの全輪駆動車計画にGOサインが出ようとしています。
全輪駆動の「MINIモンテカルロ」、「MINISUV」、そして「MINIモーク」などが追加される可能性が高まっています。
[PR]
by kan2_MINI | 2005-05-18 10:15

soft-roader


a0010297_13111959.jpg
これは、次世代MINIの計画の中に含まれるという程度の情報ですので、出たとしても2008年~2015年というかなりアバウトな噂ですが、MINISUVとでも言うべきモデルの情報が出ています。
ゲトラグの4WDシステム開発の情報が流れたときには皆ハイパワーモデルとしての4WDを思い浮かべたことと思いますが、4WDシステムは悪路駆動としての使用法がもちろん本筋ですので、SOFT-ROADERとして開発が進むこともあたりまえですね。
市販の可能性は未定ですが、BMWはMINIを車種のひとつではなく、完全なるブランドとしてとらえており、派生モデルを増やしてゆく計画と聞いていますので、ありえない話ではないです。
MINIが今のペース以上に売れ続けるようであれば、計画されているカントリーマン、ロードスターに続きSUVやひょっとしたらウーズレイホーネットのようなセダンまで発売されるかも知れませんね。

SMALL IS BEAUTIFUL ! 楽しそうです。
a0010297_13113426.jpg

[PR]
by kan2_MINI | 2005-05-07 13:12

SAY HELLO!

a0010297_013271.jpg
今日、SAY HELLOというイベントに仲間6台で行ってきた。
このイベントは毎年一回、英国車に乗るオーナーが集まり「SAY HELLO(こんにちは)」と言葉を交わすことにより、少しずつでも友好を深め、いざというときには助け合いましょうという趣旨で開催されているイベントです。
クラシックミニが圧倒的に多いのですが、MGやケーターハムやロータスエリーゼなども参加していました。
集まる以外に何もないイベントなのですが、知らないオーナーとでも自然と話が出来るようになり、最後は手を振って帰ってきました。
ミニという英国の旧車の中にBMWのNEWMINIが入ってゆくのはいささか抵抗が無いわけでもないですが、「私はMINI(ミニ)が好きだ」という気持ちに揺らぎは無いので、あえてこういったイベントに参加するようにしています。
NEWMINIのイベントだとどうしても「いわゆる車好き」がメインとなり改造やドレスアップしている者が注目を浴びます。私も車好きなので、改造は決して嫌いではないのですが、違法改造やポリシーの感じられないドレスアップには嫌悪感を感じます。
それに対して、ミニを中心としたSAY HELLOのようなイベントで注目を浴びるのは、1.古い車 2.きれいな車 3.オリジナルの改造をしている車 といった感じです。
当日一番注目を集めていたのは、1964年製造のミニクーパーでノーマルに忠実にレストアされていました。これはさすがに美しかった。
本物を知っている人たちの集まりであり、それぞれがオリジナルを尊重しつつ拘りを持ち改造を楽しんでいます。そんな雰囲気が好きなのでこれからもこのような会には参加しようと思っています。
a0010297_0194171.jpg

a0010297_1234119.jpg

[PR]
by kan2_MINI | 2005-05-05 00:20