<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

MINIのクレジットカード

BMWではクレジットカード「MINI Card」を発行いたします。7月1日(金)より全国のMINI正規ディーラーにて、7月7日(木)よりMINI公式インターネットウェブサイト(www.MINI.jp)上にて会員の募集を開始するようです。
a0010297_15454221.jpg

MINI Cardにお申し込みいただいた方には通常サイズのクレジットカードの他に、提携カードとしては日本初となるミニサイズのMINI Cardが同時に発行されます。
ミニサイズのMINI Cardの大きさは40 mm x 66 mmで、通常サイズのMINI Cardと比べて43%小さくなっています。また、カードの左下に穴が開いているので、車のキーや携帯電話のストラップにつけて持ち歩くことができ、エキサイティングなMINIワールドを演出します。またMINI ETC Cardも用意しており、MINI Cardをお持ちの方に年会費無料で発行いたします。

これは欲しい!!!
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-30 15:43

MINI ONE Dがパワーアップ


a0010297_12221111.jpg日本では発売されていないMINIONEのディーゼル仕様ですが、9月からエンジンが改良されパワーアップするそうです。
現在75psとなっていますが、13PSアップの88psに、トルクは190nmにアップされます。
日本ではディーゼルはいまいち人気が無いですが、実は以前HOTNEWS+αでもご紹介したように、ディーゼルエンジンは現在コモンレールという技術により、黒煙を吐くことも全く無い、従来とは別次元のエンジンとなっています。

ガソリンのMINIONEが出力90ps トルク140Nm に比較して、MINIONE Dが出力88ps トルク190Nm という性能になると、これではディーゼルの方が遥かに魅力的に見えます。

ガソリン価格が高騰している今、日本で発売するONEはディーゼル仕様とする方がONEとしての特色も良く出ますので、ONEはディーゼルに切り替えることを提案したいと思います。
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-25 12:23

ベルサーチMINIの価格!

オークションにかかっていたベルサーチのMINIが競り落とされました。
その価格、¥16,375,000 さすがに世界屈指のデザイナーの作品だけのことはあります。
改めて見てもその派手さとデザインの大胆さに驚きます。
でも、このデザインってどことなく日本の漆器をイメージさせるものがあると思いませんか?
a0010297_20554724.jpg

昨年、日本のアーティストがペイントしたMINIがやはり競りにかけられましたが、こんな価格はつかなかったはずです。
これで、このMINIが世界で最も高価なMINIになった、、、、、、、。

違いましたね。オークションでもっと高い価格の付いたMINIがありました。
覚えていますか?その価格1700万円
英国のラグビー選手のサインの入ったMINIでした。

ラグビーワールドカップ優勝記念サイン入りMINI
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-23 20:37

MINI parklaneシートのサイドサポート

今年発売になる予定のMINI PARKLANEですが、レザーシートの写真を見ると妙にサイドサポートが強く見えます。
質感も高級ですし、これはなかなか良いのではないでしょうか。
シートのデザインとしては、NEWMINIのカントリーマンモデルを勝手に作ってしまったイタリアのcastagnaという会社のMINIによく似ています。
ひょっとしたら、、、。

a0010297_17313896.jpg

parklane
a0010297_17322317.jpg

castagna
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-22 17:26

MINI 特別仕様車 発売は10月以降

a0010297_1646272.jpg
MINIに乗る人は大抵の場合、圧倒的な個性の持ち主です。このことは、MINI がそのキャラクターをさらに強化し続けていることからも十分に窺い知れます。そのために、MINIは際立ったスタイルと個性が与えられた3種類の新たな仕様を発表します。MINI Seven(セブン)、MINI Park Lane(パーク・レーン)、MINI Checkmate(チェックメイト)です。
これらのニューモデルは、2005年10月初旬より順次発売する予定です。
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-22 16:46

RECAROシートがオプションに

RECAROシートがオプションに設定されるようですね。
後付けも可能なようですが27万円くらいになりそうです。
新車時なら考えますが、あとからはちょっときついなぁ。

a0010297_1025377.jpg


私のHPを初期の頃から見ている方なら知っていると思いますが、私の車の純正シートにはRECAROという文字が入っています。
皆さんのはどうか知りませんが、私の純正シートは間違いなくRECAROです。(^^)
a0010297_10462657.jpg

[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-22 10:25

MINIの特別仕様車発売予定

情報によると9月以降に特別仕様がでる模様です。
現在のモデルが末期に近づいている証拠でもありますが、純粋に比較してもなかなか魅力的なモデルです。
発売が計画されているのは、
MINI ONE SEVEN ミニワンセブン
MINI COOPER Park Lane ミニクーパー パークレーン
MINI COOPER S CHECK MATE ミニクーパーSチェックメイト
の3種類です。
中で私が気に入ったのはクーパーパークレーンのボンネットストライプです。
クパーラインのようでちょっとあやをつけたそのデザインは、さすがに素人が考えつかないデザイナーの作品といえます。
a0010297_10152552.jpg


ちなみに3種の車につけられた名称は、クラシックミニの時代にも特別仕様車として存在したモデル名で、セブンはもちろん初期型のオースチンセブン (Se7enと書いた)、parklaneパークレーンは1987年のローバーモデル(パークレーンは英国の地名)、checkmateは1990年のローバーのモデルに由来します(チェックメイトはチェス仲間)。
a0010297_1021185.jpg

写真はオースチン7とROVERミニパークレーンです。
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-22 10:21

MINIのフューエルタンク構造

掲示板の方で私の振った燃料タンクの話題にいろいろな方が参加してくださっています。
そこで、この機会ですのでMINIの燃料タンクについて少しだけ調べてみました。
MINIに限りませんが、最近の車の燃料タンクは樹脂製が多くなっています。MINIのタンクもポリマー樹脂製のようです。
さて満タンに関しての話題ですが、その前にガソリンタンクの構造を知っておく必要があります。
一般には下図のような構造のようです。
a0010297_8352834.jpg

最近のタンクは昔のタンクと少し違っていまして、給油口から下がった管がタンクに接合する地点がタンクの上部ではなく側面であるという点です。これでは少し入ると空気が抜けなくてガソリンが入りにくそうですね。
でもそこが重要なところです。それではMINIのタンクを見てみましょう。
a0010297_836354.jpg

a0010297_8364835.jpg


a0010297_837171.jpg

MINIのタンクもしっかりと管はタンクの側面に接合されているようです。
MINIに限らずヨーロッパ車の給油口は管が細めでガソリンが入りにくい(吹き返しやすい)とよく言われます。
この吹き返しですが、実は吹き返しというのが非常に重要で、この吹き返しがないと満タンが検知できないのです。
最初の一般的なガソリンタンクの絵を見ていただくと、ブリーザパイプというのがあります。ガソリンを入れるときには、入ったガソリンの分だけタンク内の空気が抜ける必要がありますが、これはその空気の抜け道です。
しかし、ただの抜け道ではなくこのブリーザパイプの入り口の高さが満タンの喫水面?を決めています。
つまり、ガソリンがこの高さまで入ると、ブリーザパイプの中を空気ではなくガソリンが逆流し激しく吹き返しが起こります。その擬似的な吹き返しを感知して給油ノズルは「カチッ」と停止するのです。
したがって、この高さ(この量)が実質的には満タンということになります。
ところが、絵を見ても判るようにこのブリーザパイプの口の高さよりもタンクの上にはずいぶんと空間があります。
ブリーザから吹かない程度にゆーーーーくりと入れると、この空間にまでガソリンを入れることが可能になります。
でもあまり入れすぎるとチャコールキャニスターに直接溢れてゆくので、入れすぎは良くないと聞きますが、MINIのキャニスターはものすごく高い位置についているので、問題はなさそうですが、、、。
そして、この空間にまでガソリンを入れると、MINIの場合20㍑も余分に入るのではないか?ということらしいのです。
もう一度MINIのタンクの絵を見てみますと、、、、、、。うーーーん。
判りませんね。判るはず無いですね。タンクの中のブリーザパイプの高さがわからないと答えが判明しないようです。
でも、別のことですがMINIのGASタンクって後部座席の下にあって、マフラーのアーチを避け、左右対象に分かれた形をしているのですね。そうなると、両方の底から均等に吸い上げる必要があるので構造が複雑になりそうですね。
など、結論は出ませんがMINIのガソリンタンクについての考察でした。
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-17 08:41

MINIのフューエルカット機構について

MINIは思ったよりも燃費が悪いと思われている方が多いと思います。
これは日本での発売当初から言われていることで、噂ではクライスラーのペンタゴンエンジンはフューエルカット機構を持たないという信じられないような噂もありました。
でも、アメリカのエンジンならありえるかな?と思ってしまうほどMINIの燃費は誉められたものではない。
しかし、MINIは保険のエコノミー割引が適用になっているし、なにより欧州やアメリカからは燃費が悪いという話が聞こえてこないのが不思議だった。
そんな時、知り合いのOLMさんという方が、MINIのCVTエンジンの燃料カットの機構に関して考察されていた。
MINIは2000rpm以上で燃料カット機構が働いているということであったが、興味深かったので私も追加として実証運転を行ってみた。
実験方法は次の通りである。
1.CVT、Dモードで2000rpm以上でアクセルオフ、即座にオンボードコンピュータの燃費計をリセットする。
2.そのまま回転と車速と燃費計を注視しながら走行する。
3.アクセルオフのタイミングを2000rpm以上、以下など細かく分けて何度も実験走行を繰り返す。
4.同じ走行試験をSDモードでもやってみた。
5.さらに、エアコンのオンオフ状態でも同じ実験を繰り返し行った。

結果、次のような事が判りました。

MINIはフューエルカット機構を持っている。(^^)
ただし、OLMさんの実験のとおり、2000rpm以上からアクセルをオフした時に燃料がカットされる。Dモードでこの条件に当てはまるのは車速が70km近い速度が出ていないとこの条件にならない。SDモードでは容易に2000rpm以上となるのでアクセルオフ時には頻繁に燃料カットが発生する。エアコンオンの状態ではフューエルカット回転数が150rpmほど上昇する。(2100~2200rpm)になる。

このことから、MINIはフューエルカット機構を持っていますが、70km/h程度の速度が必要なことから、Dモードではなかなかカットの条件になりにくいと言うのが現実です。特にエアコンがオンになっていると燃料カットの速度域は80km以上にもなり街中では殆どフューエルカットは機能しないでしょう。
アメリカや欧州では車の常用速度が高いことから、日本よりは頻繁にカットが入るでしょう。
高速道路などでMINIの燃費が結構良いのは燃調セッティングが高速よりであることと、このフューエルカットが正常に働く性かもしれませんね。
もっと低い回転でも燃料カットが効くように改良すれば簡単に燃費が向上すると思うのですが、BMWが直ぐに改良できないところを見ても、2000rpmより低い領域にはクラッチの断続制御という回転域があるために、この回転域を避け必要以上に高く設定されていいる可能性があります。

ps.
2000rpm以上で燃料がカットされますが、では何回転で再噴射が始まるかというテストを繰り返したのですが正確にわかりませんでした。
2000rpm以上でアクセルオフにすると、燃料がカットされているために、燃費計は99.9kmを示します。
そのまま走行を続けると、1800rpmあたりまで回転が落ちてきた時点で燃費計のカウントが始まります。つまりこの辺りで再噴射が始まっていると思われるのですが、回転が落ち続けているところから、実際にはもっと高い回転で再噴射が始まっている可能性があります。
反対に下り坂でゆっくりと回転が落ちた場合1800rpmどころか1500rpmでも再計算が始まらない場合もあり、再噴射のタイミングを計測することは困難であったため正確な考察とは出来ませんでした。
余談かもしれませんが、私は減速時にSDモードに切り替えて軽いエンジンブレーキを多用するのですが、この減速途中でSDに切り替え2000rpm以上になった場合も燃料はカットされますので燃費の向上には役立っているようです。
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-12 09:17

MINI とベルサーチが Life Ball 2005 で競演

前回の写真はヴェルサーチがデザインしたMINIのシフトノブでした。
全体はと言うと
a0010297_20261942.jpg

正直言いまして、ひじょーーーに気持ちが悪いと思います。

私、デザインには興味がありますが、ファッションには疎いです。車のデザインは工業デザインという分野だと思うのですが、ファッションデザインとは全く違った感性の分野だと思います。
最近、車に乗る目的がファッションだという人が増えていますが、そのうちにだんだんと車の機能なんて二の次で、ファッションが第一になってしまい、この車みたいなデザインの車ばかりになってしまったら嫌ですね~。

でも、さすがヴェルサーチ「凄い!」と思わせるデザインではあります。

そして、このMINIはLife Ball イベントの後、チャリティのために eBay(www.ebay.de, www.ebay.at and www.ebay.it)でオークションにかけられます。この売上げは、いくつもの HIV 支援組織をサポートする Life Ball に寄付されます。

いったいいくらの値段がつくのでしょう?
[PR]
by kan2_MINI | 2005-06-03 20:37