<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Colorado/R58

MINIはハッチバック、カブリオレに続いてクラブマンあるいはカントリーマンと呼ばれるであろうロングボディのMINIVAN(R57)が出るところまでは決定されている。
そしてその後に続くR58というコードネームを持つ、新たな車種の開発が計画されていることは、これまでに噂となっていた。
そこで、まったくの未確定情報ではあるが、BMW関係者が語ったとされるR58の姿は、全輪駆動小型オフローダーであるとの噂が上がっている。
開発ネームはColorado(コロラド)と呼ばれているらしいが、この噂が本当であればMINI Moke(モーク)と呼ぶのがふさわしい車種となりそうである。
ただ、シャシーを共用しない全く新しい車種となると、現行のMINIがこれだけ売れている以上、工場の生産キャパシティからいって、現在の工場での生産は難しい。
そこで、可能性としては南カリフォルニアにあるSpartanburgのBMW工場あるいは、X3の製造を外注しているオーストラリアのMagna Steyr社で製造するという情報があります。

その姿はまったく想像が付かないのですが、可能性として1つの仮説を立てます。
ここにある写真は2000年に発表されたオフィシャルフォトです。
a0010297_17185894.jpg

ここにあるMINIコンセプトのなかでMINIカブリオレは発売され、MINIクラブマンはすでに公道でのテストが進んでいる状況です。
となると、残る1車種は小型トラックです。いかにもアメリカ人の好きそうなピックアップですね。
ひょっとしたら全輪駆動オフローダーとはこの小型トラックのことかも知れません。
そして別の可能性としては、以前私がジョークとして掲載した、BMWのコンセプトオフローダーであるという可能性も、、、、、、、。ないかぁ。
a0010297_17205514.jpg

[PR]
by kan2_MINI | 2007-01-23 17:04

新型MINIへのイタルデザイン関与はデザイン含まず

BMWの2代目にあたる新型MINIが2月に日本でも発売になりますが、この新型MINIの開発に関して、イタリアの有名カーデザイナーである「ジウジアーロ」が率いるイタルデザインがその開発に携わっているという情報がかなり早い時点で入っていました。
私のブログを見ると2006年1月の情報でその事実を報じています。

http://minilig.exblog.jp/m2006-01-01#3088888


しかし、実際のところどこまでをイタルデザインに任せているのかといった情報が解らなかったのですが、イタルデザインのホームページを見て解りました。
http://www.italdesign.it/dinamic/pressandvideo/article.php?id=56

BMWの2代目に当たる新型MINIはその姿がオーナー以外は「どこが変わったの?」というくらいにあまりにも現行MINIに酷似しているところから、こんなかわりばえしないデザインを、わざわざ巨匠ジウジアーロのイタルデザインに頼るなんてことがあるだろうか?と疑問でした。

ということでイタルデザインへの外注内容を見ると、(styling division was not included in the MINI Project)ということでボディデザインなどはその外注に含まず、総合的な開発の計画や調整やプロトタイプの作成やテストなどを行っているようです。

ps.
BMW側の説明によると、開発を外注したのは「単にBMW側の開発部門が間に合わないので外注している」と言うことのようですが、どうでしょうかね。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-01-23 13:01

ヘスス・コルドバ社長は無能

ディーゼルの日本投入予定は無し
BMWジャパンのコルドバ社長は「日本の消費者は望んでいない。ディーゼルエンジンはトラックに結びつける傾向が強く、乗用車のイメージは無い」としている。
------------------------------------------------------------------
完全に判断を誤っていると思います。消費者全体が望んでいるなんて思いませんが、間違いなくベクトルはそっちを向いています。
敏感なユーザほど次世代ディーゼルに関心をもっていると思います。

ps.
ただ、「マーケットの要望があれば喜んで導入したい」としている。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-01-18 10:44

MINI COOPER D

新型になってもうひとつご機嫌なニュースが飛び込んできた。
新型になってなんとなくCOOPERの宣伝に力が入ってないと感じていた。それにはこんな裏があったのですね。それはCOOERにディーゼル仕様が仲間入りしたことだ。
日本で発売になるかどうか、かなり微妙ですがぜひとも発売してもらいたいです。
私は今後日本で確実に次世代型のディーゼルが伸びると思っています。
a0010297_8444583.jpg


このディーゼルはエンジンなどの細かな仕様は解らないのですが、BMWの開発のような気がします。簡単なエンジン性能は以下のとうりです。

排気量は1600cc
最大出力は110ph/4000rpm
最大トルク 240nm/1750~2000rpm オーバーブースト時 260nm/2000rpm
0-100km/h 9.9秒
最高速度 194km

ターボディーゼルとなってなかなかのスペックですね。
特にディーゼルの特徴である最大トルクは240nmとSと同じ値です。

正直いいまして、ガソリン車のCOOPERよりも速いでしょう。
となると併売は難しいでしょうか。
一方価格は当然ガソリン車よりも高くなりますので、この当たりも非常に微妙な関係になると思われます。

イギリスで4月発売です。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-01-17 09:24

MINI VAN

久しぶりの投稿になりますが、MINI VANの新しいスクープ写真が入ってきましたので掲載します。
偽装がほとんど無いので、これがほぼ完成型でしょうか。

a0010297_12562154.jpg


これを見てまず驚くことは、RX8のようなリアヒンジの後部ドアが無くなっている事です。
まるで3ドアハッチバックのバンのようにすっきりしています。

ところが、よく見ると。
a0010297_131430.jpg


この写真をよーーーく見ると解るのですが、写真とは反対側(助手席側)には、もう一本のBピラーが見えるのです。つまりこの車は運転席側が1枚ドアで助手席側が2枚ドアというデザインになっています。これが実験車両なのかこのスタイルで市販してくるのかは不明ですが、ドアは少ない方がすっきりしていますね。

かつてのモーリスMINIVANもリアのドアは無かったので、リアドアが無くて後部に伸びたデザインの方がMINIらしさを感じます。

a0010297_13125898.jpg

さて、このMINI VANのシルエットですが、トラベラーまたはクラブマンらしく後部がかなり長くなったように見えますが、実はさほど伸びていません。
比較の為に写真を合成してみました。
a0010297_1372637.jpg


如何でしょうか?多少拡大縮小の誤差はありますが、伸びたように見えた後部は実は寝ていたリアのハッチ部分を起こすことによって伸びたように見えるだけで、全長はわずかしか伸びていないと思われます。
ということは実用上はそれほど大きなラゲージスペースにはならないと思われます。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-01-15 13:13