<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新型MINIに試乗しました。(COOPER S 編)

遅ればせながら、今日新しいSに乗ってきました。
簡単に言ってしまえば、良い意味でも悪い意味でも、初代MINIと思ったよりも変わっていない、というものでした。

まず、乗り込んで思うのは全体的に細かな造型が増え、高級感が増していると思います。しかし、センターコンソールの子供臭さはちょっと勘弁して欲しいレベルです。

そして座席に座って、ハンドルを調整しますが、上下に加えテレスコピック機能の付いた新型は素晴らしいと思います。でも普段から背もたれを立て気味にして乗ることの多い私はハンドルを引くことは無いでしょう。
新型で非常に残念だったのはセンターコンソールのピラー(左右の柱)が細くて遠くなってしまったため、左足のふくらはぎの下のあたりが当たることです。初代は膝がきっちり当てられるため非常に踏ん張りが利き運転しやすいのですが、新型は不安定になってしまいました。

次に走り出して思ったのはエンジンの音が結構ダイレクトに聞こえてきます。インシュレータが無いということですが、うるさいというよりはドライバーの耳に入る音質をもっとコントロールすべきと思いました。あまり良い音には聞こえません。
次にパワーですが、確かに昔のターボ車のようなラグは全く感じませんでした。ターボ車であることを意識することは全く無かったです。ただ、極低速(1000rpm+α)は力がないです。
感心したのは、坂道発進を助ける機能です。気にしていなかったのですが、たまたま登り坂で「下がる!」と思った瞬間に全く動かない事を感じ、妙に感動しました。全く嫌な感じがなく優れた機能だと思います。無くても困りはしませんが、あっても全く邪魔にならない機能です。

絶対的なパワーは正直私には評価できません。なぜなら普段乗っているのがCOOPERなのでそれに比べると勿論パワーはありますが、私が何度も乗ったことのあるSはJCWなので、それに比べるとかなりパワーがないからです。

最後にハンドリングについて書きますが、かなり足回りが柔らかくなって、楽しみの減ったハンドリングなのかな?と思って乗ったのですが思ったよりも初代の足と変わっていないように感じました。突き上げが減って乗りやすくなったといえばその通りだと思います。
クイックさはちゃんと残っています。これはアライメントのマジックでしょう。

違いはロールでしょう。私の車がアンチロールバーを入れていることもありますが、やはりロールが多くなったように思います。ハンドルを左右に振ると、鼻が動くと共に左右にグラグラとロールします。左にキュッとハンドルを切ると、右肩が落ちるように回り込みます。捩れるように曲がるのです。
普通の車は皆そうなのですが、初代のMINIはあまり捩れないで、フロントが水平移動するようにスッと方向を変えます。このあたりの違いが大きいのかなぁと思うんですよね。
あまり関心の無い人には問題にならない違いのようにも思いますが、ハンドルをスッと切った時、瞬間的に「あっ楽しい」と思う、この単純な運転感覚がMINIかなぁなんて思う私にはそれなりに大切なことです。
今日の試乗は販売店の周囲の国道や住宅地でしたので、機会があればワインディングロードのような場所を走ってみたいなと思います。
ロールの大きくなったMINIは果たして腰にGを感じることが出来るでしょうか?
5年前にMINIを買って最初は気付かずに峠に行ってはじめて、ひどく感激したのが、「ロールせず腰の辺りに感じるG」だったんですよね。

ps。
余談ですが、試乗とはいえ大きな通りであまり大げさに左右にローリングすると、「族」に見えちゃったりするので、(^^;ちょっと派手な運転はわき道に入ってやりました。
ところが左右に多少大きくハンドルを振るだけで「カリカリカリ」と音がするのです。最初何かと思って何度か繰り返しているうちに解りました。
DSCが作動しているのでした。これほど簡単にDSCが介入するのはちょっと意外でしたが、試乗車はスタッドレスタイヤを履いていたので、タイヤのスリップ率が大きくなるのでしょうね。
[PR]
by kan2_mini | 2007-03-31 14:20

Fiat500にあのフランク・スティーブンソンが関与

我らがMINIをデザインしたフランク・スティーブンソンはFiatグループに引き抜かれ、フェラーリ/マセラッティをデザインした後Fiatのデザインセンターに移籍しました。
その彼が昨年の1月のビジネスウイークのインタビューに対して、Fiat500に関して「多くの人を驚かせるだろう」と答えています。
今回発表されたFiat500はミニ同様に「大きくなり過ぎだ」という批判も多い中、概ね好意的に受け止められているようです。
価格がわかりませんが、きっと相当に売れるでしょう。

さて、フランクがデザインに関与しているFiat500ですが、じっくり見ると流石に良く出来たデザインだと思われます。
全体はそれほど凹凸の無いシンプルなデザインですが単純なラインがMINIと同様にほとんど破綻していません。完璧な単純ラインを描いています。
バランス的にも非常に違和感の無い優れたデザインバランスです。
殆どの車は全体としてみればいいけど、部分的におかしいとか、各部はいいけど組み合わせのバランスが悪いとか、そのラインがどうしてそこから、、、、、、。
など細かな言い方をすればたくさんの違和感があるのが普通です。
しかし、フランクの描く車は単純なラインが多いのですが、そういった破綻が無いのです。
完璧なんです。私はMINIでそれを強く感じました。

そして今Fiat500を見て再びかなり完璧なデザインを見る思いをしています。
(これは決してどっちが良いというような比較論ではありません)
デザイナーの優れた技量を感じるのです。

そして、Fiat500に完璧を感じるこの私の感性で新型MINIを見ると、やっぱりフランクのデザインではないのでしょうね。デザインのあちこちで破綻を感じます。勿論MINIとして許せないとかそういうレベルのものではないのですが、デザイナーの技量が違うように思います。

あくまでも素人の私個人の感想ですが。

綺麗な画像がありましたので、差し替えます。
クリックで大きくなります。
じっくり見ましょう。
a0010297_14122169.jpg
a0010297_14124079.jpg
a0010297_141353.jpg
a0010297_1413162.jpg


革巻きの白いステアリングとセンターの赤いFiatのマークがレトロでフィアットっぽくていいなぁ。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-03-23 14:08

Fiat500

せっかくアナウンスしたのに、動画がちらっと流れただけで終わっちゃいました。
しかも登録していなければ動画もみられなかったので、昨日は何もわからなかったという方も多いと思います。
申し訳ありません。
そこで、別のサイトにのっていたFiat500の写真を掲載します。

全長は3550mm、全幅は1650mmということでMINIよりも若干小さいというところですが、イメージがMINIよりも丸っこいので、実際には結構ボリュームはあるかも知れません。

なぜ、私がチンクチェントの情報をアップするのか、「ひょっとして乗換えを考えているのか」と思う方がいるかも知れませんね。
実は、、、、。ではなくて。
ちょうどMINIと良く似たモデルチェンジ状況にあるFiat500を観察することにより、MINIのデザインや存在がよりわかると考えるからです。
たとえば大きさですが、クラシックチンクはミニよりもさらに小さな車でした。
その車が現代に復活し安全基準や装備を見にまとった場合、やはりというか奇しくもというかMINIとほぼ同じサイズになりました。デザインもMINIと同じように、クラシックチンクの面影を非常に良く取り入れた、誰が見てもチンクというデザインになっています。
チンクはMINIと違って性能や居住性を前面に押し出した車ではありませんでした。
当時の技術でいかに安価に効率的に極小車を作るかみたいなコンセプトだったと思います。
なのでMINIオーナーがMINIに求めるものと、チンクオーナーがチンクに求めるものはおのずと違うのでしょうが、同じような時期に同じように復活した同じような車として関心を持たざるをえません。

内装は流石に「イタリア」ですね。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-03-22 09:43

新型チンクチェント発表!

明日の朝(21日朝5時から8時)の時間限定で、新型フィアット500(チンクチェント)の発表があります。
fiat500 の発表に注目してください。

MINIと同じ時代の1957年にイタリアで発表され小型車としてはMINIと二分するような人気を得たチンクチェントが現代によみがえります。

しかも、ひょっとしたらこのチンクをデザインしたのは、初代NEWMINIをデザインしたあのフランクスティーブンソンかも知れません。(可能性はちょっと低め)

時間限定ということなので、時間のある方は是非発表写真を見てみましょう。
[PR]
by kan2_mini | 2007-03-20 20:23

新型MINIのデザインベクトル

新型MINIが発売されて、いろいろな媒体にも載るようになってきました。
それと同時に新型MINIの評価がにぎやかになっているようです。
歩行者の衝突安全性を考慮したボンネットの採用のおかげで、エンジンフードのボリュームが増しそれがMINI全体のデザインに少なからず影響を与えているようです。
また、賛否両論のなかでも一番大きなものが「ヘッドライトの向きと角度」の変更でしょう。
具体的には「角度がさらに寝て両側を向いた」ようなデザインになっています。

a0010297_1736541.jpg

このデザインの意味するところの変更は、フランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトモデルにあります。コンセプトモデルは極端に高くなったボンネットフードと極端に寝かされ上と外側を向いたライトというデザインでした。
「これじゃぜんぜんMINIらしくない」と誰もが思っていました。
a0010297_17305270.jpg


そして発売された新型MINIは「変更点がわからないほどのキープコンセプト」と評され、変わっていないということが話題になるほどこれまでのMINIとそっくりだといわれました。
しかし、、、、、、、、。わずかに上を向いて外を向いたデザインは確実にMINIコンセプトモデルの方向を向いているようです。
新型MINIのデザインベクトルは、間違いなくコンセプトモデルです。

その証拠に以下の写真はMINIのオフィシャルフォトに掲載されていたもののです。

a0010297_17291863.jpg


勿論、広角レンズでデフォルメされた画像ですが、新型MINIの特徴を良く表しているといえます。この写真をオフィシャルフォトに使うということは、BMWも当然新型MINIはこういうデザインベクトルですよと公表しているようなものではないでしょうか。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-03-13 17:33

アストンマーティンとMINIの共通性におけるデザインの変遷

論文のような難しげな題名を付けましたが、40年以上変化しなかったミニのデザインをアストンマーティンという名車のデザインを使って分析してみようという大それた試みです。
まず、アストンマーティンがMINIと同じように英国が生んだ最高級スポーツカーであることは車好きの皆さんであれば誰もが周知しているところであると思います。最高級車ということはその製作、デザインにおいても最高の技術が用いられていることは当然です
その車とMINIの意外な共通性に気付いたところからこの論文はスタートしたのです。
まずこの写真をご覧ください。
1957年のアストンマーティンDB2/4MkⅡという車です。
a0010297_124896.jpg

このデザインを見たときに初代ミニと似ている事に驚きました。ライト、バンパー、グリル、そしてウインカーの位置、フォグランプ、ウインドウの角度や形状など多くの点で共通性があります。車を作るうえでの技術的な自由度の問題もあったと思いますが、この全長の長いアストンマーティンをうんと前後に詰めたらミニになるんじゃないかと思うくらいに似ています。
結局ミニは初代のこの頃のデザインのまま変わらなかった訳ですが、アストンマーティンはモデルチェンジを行います。
どうなったかといいますと、次の写真を見てください。
1965年のDB5という車です。確か最初のボンドカーになった車です。
a0010297_12484341.jpg


少しライトが寝かされて洗練された雰囲気になったと思います。と同時に今のBMWMINIに少し似てきたとは思いませんか?
思いませんか。
では次の写真を見てください。
1970年のDB6です。
a0010297_1249112.jpg

この写真を見て私は再び驚きました。
ライトの角度や周囲のメッキ、ポジションランプや分割されたバンパーなどフォグランプも含めて、私のBRGのMINIにそっくりなんです。
a0010297_12563243.jpg

勿論、アストンマーティンの象徴であるグリル形状こそ違っていますが、フランクスティーブンソンはこの辺りのデザインの変遷も充分に意識した上でMINIをデザインしたのでしょう。
なぜなら、MINIは「40年間変わらなかったミニが通常にモデルチェンジを重ねたらどんな車になったか」という事を意識してデザインしたと彼は明言しているからです。
つまり初代BMWMINIはアストンマーティンの様にミニがモデルチェンジを重ねたであろうというデザインを正確に踏襲しているといえます。
「しかし、こうしてみると現代の車だと思っていた私のMINIもデザイン的には相当古いデザインを土台にしていますねぇ」
そしてその後アストンマーティンは英国自動車産業の衰退の波にもまれ一時期、ラゴンダ、ヴィラージュという歴史の汚点とも言えそうな駄作を発表しますが、多くの人は無視していることでしょう。

そのアストンマーティンが再び世界中の注目を集めたのが、2004年にDB7ヴァンテージというモデルを発表してからです。
a0010297_12493197.jpg


ここで再びアストンマーティンのデザインが伝統と格式を取り戻し、本来のアストンマーティンデザインに戻るのですが、それではそのデザインがMINIに影響を与えるのでしょうか?
注意して見て頂きたいのは、ライトの形状とフォグランプの形状です。
寝かされたライトと大きなフォグライトが、二代目MINIのデザインに通じるところがあるのではないでしょうか。
特に発売にはなりませんが、MINIのコンセプトモデルであるフランクフルトモーターショウで見たモデルはかなりの共通性を感じます。
a0010297_12495182.jpg

こうして見ると、モデルチェンジしなかったミニが正常にモデルチェンジした場合にどうなったかという、そのシュミレーションをアストンマーティンのモデルチェンジに見ることが出来るというのが私の論文発表でした。

そしてその変遷から言えることは、フランクスティーブンソンのデザインしたMINIは間違いなく、ミニの進化系であるということです。

そして今後のMINIを考えるときに、ちょっと気になるのはアストンマーティンのデザイン変化を参考にするのはいいですけど、アストンマーティンはあくまでも「スポーツカー」であることに対して、MINIはFFのコンパクトカーである事を忘れずにデザインしてもらいたいと思います。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-03-13 13:00

薄化粧

5年を過ぎた私のMINIはやはりあちこちくたびれ気味です。
そこでもう少し頑張ってもらう代わりに、ちょっと化粧をしてあげることにしました。
体力ではなく化粧です。

ポイントは2つ、周囲のプラスティックモールを全取替え、そしてボディコーティングを施工しました。プラスティックモールは永年変化でどうしても白く変色気味なのと、私の実験の性で「ガラス系塗料が中途半端に残ったマダラになっている」為、罪滅ぼしに全面取替えにしました。
工賃材料共で約10万円です。

そしてボディコーティングですが、本来私はコーティング否定派です。
特に新車へのコーティングには大きな意味を感じていません。実はコーティングといってもその工程には2つの大きな工程があります。ひとつは「ポリッシング(ボディ磨き)」でもうひとつが「コーティング」です。そして私がコーティングに価値を感じているのはこの前工程のポリッシングの方なのです。
ポリッシングは丁寧にボディを磨いて、細かな傷を無くす作業です。この作業をやることにより洗車傷などを完全に消すことが出来ます。ワックスでは消すことの出来ないプロの技です。
この工程を経てその新しくなったボディを少しでも保護するために、コーティング剤を使うというのが私の考える「ボディコーティング」なのです。

本来、最初に全く傷の無い新車は「ポリッシング」が必要ありません。また新車の表面はコーティング剤よりも硬い透明なホーロー層で覆われていますので、コーティングの必要は無いのです。なのに新車時のコーティングでもまともに値段をとられます。なんだか納得いきませんよね

で、周囲のプラスティックパーツを新品にして、コーティングを施した私のMINIは太陽が当たってもギラギラしない傷ひとつ無いまるで新車のような状態になりました。塗装したわけでもないのに、かなり色が濃くなったという感じです。
といっても表面にコートした化粧による綺麗さはショールームにある新車のしっとりとして傷ひとつ無い「素肌美人」にはかないませんけどね。

今回、コーティングをお願いしたのは「カービューティPRO」さんです。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-03-09 10:46

MINIのCM(閑話)

偶然見つけた画像なので、どこの国のどんなCMなのか全くわかりません。
でも、「ありえないだろぉ~」って笑えたので、皆さんにも、、、、。

a0010297_94095.jpg


こういうコマーシャルを作るMINIが好き
それだけ
[PR]
by kan2_MINI | 2007-03-08 09:40

新型MINIはこう変わった

つまりこういうことらしいです。
a0010297_021698.jpg


この直接的な比較写真を見ると新型MINIが変わった部分が良くわかります。
残念なことですが、この変更で私の思うところのMINIらしさが2つ薄まっていることがわかるのです。
1つはエンジン部分が大きくなっていること。
これはMINIの特徴として車体全体に占めるエンジン部分が小さいということが私の中ではMINIの特徴のひとつであるのです。オリジナルミニでは全長を305mmに収めるためにエンジンは横置きにしてギアボックスをエンジンと重ねるというアイデアでエンジン部分を小さくしていました。
この努力がMINIのスタイリングを生んでいるわけで、これまでのMINIでも大きめだったエンジンフード部分がさらに大きくなったということでMINIらしさにとってはマイナスです。
そしてもうひとつは前後のオーバーハングが延びているということです。
これは皆さんも良く聞くことだと思いますがMINIの大きな特徴(MINIらしさ)はタイヤをできるだけ車体の四隅に配置することだったのです。
なので前後ともオーバーハングが延びているということはMINIらしさが薄まっていることに他なりません。
MINIが少しずつ変化してゆくことは否定しませんが、どうしようとしているのかがはっきりと見えず、妥協のような形でMINIらしさを失ってゆくことは残念なことです。
[PR]
by kan2_mini | 2007-03-04 00:02