<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Welcome Rally

ウエルカムラリーという競技がある。
競技と言うよりは車を使ったゲームの一種だがイベントを盛り上げるのには、なかなか効果的な競技だと思う。
車を中心としたクラブでは日本中様々な場所でミーティングと言われるようなイベントが行われるが、このような多くの場所から人が集まるイベントの際に、簡単なルールで皆が参加した気分になれる良くできた競技だ。

ルールは簡単。
イベント開催前(前日まで等)に自分の出発地点(主に自宅)から、ミーティングの集合地点までの距離を主催者に申告しておく。
後は集合当日、実際に車を走らせて計った走行距離が、事前に申告した距離にもっとも近い人が優勝である。ルールが単純な割には、実際のラリーの色々な要素が入っていてそれなりに面白さがあるのだ。
1.地図やナビを使ったりして走行予想距離を割り出す楽しさ。
2.走行方法やタイヤの条件によって自分の車が表示する距離数の誤差を考慮する楽しさ。
3.走行中、寄り道など距離の変るアクシデントが発生し思惑が変化する楽しさ。
4.最終的に微妙な差で順位が決まると、結構悔しかったりする楽しさ。


実際のラリーはコマ図と呼ばれる指示書に従って、正確なルートと速度を調整しながら進む競技で、真剣に取り組むと非常に面白い競技であるが、複雑なルールや競技の管理方法の困難さから、手軽に出来るとまではいえない。

それに対してウェルカムラリーは本当に簡単なルールを覚えて、事前に距離を申告するだけなので、簡単に実施ができる。主催者は事前にメールなどで集めた参加者名と申告距離を一覧にしておき、大きな模造紙などで集合場所に張り出すと効果的だ。参加者はバラバラに集まってくるので、最後の一人が到着するまで順位が確定しない事も楽しめる要因だと思う。この様子はちょうど次々と選手がコースから上がってくるゴルフのコンペの様子に似ている。
重要なルールとして、参加者は「自宅を出る際にトリップメーターをゼロにリセットする」というルールがある。こうすれば、参加者が集合場所(ゴール)に着いたときに。主催者が走行距離を確認できるし、これが唯一の信頼たる証になる。
なので参加者は様々な場所から集まるが、どこから集まっても、それぞれ距離が違っても楽しめることになり、これは特筆すべきこの競技の特徴でもある。

ラリーの原点
実はこれは1960年代MINIがモンテカルロで優勝をするなど、大活躍した頃の国際ラリーのルールにも似た部分がある。当時のラリーはスタート地点が何カ所もあって、それぞぞれバラバラに出発して最終的に一箇所のゴールに到着するというルールだった。
そんな訳もあってラリーという言葉には「再び集まる」という意味も含まれていると聞いたことがある。
つまり、このWelcome Rally(ウエルカムラリー)というお遊び競技は、メンバーが集まりながら競うというラリーの原点にも近い性質を持っているのである。

実はこの競技、自分で言うのもはばかられるが、私が発案したオリジナル競技である

私の所属しているクラブでは何度も実施しているし、他でも実施したと聞いたことがあるので、イベントの成功は間違いなし。評判もなかなか良いので、皆さんも機会があったら是非実施してみることをお勧めします。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-08-20 16:01

MINIの方向性

以前、MINIデザインの方向性はこういう方向を向いているのでは?ということで、フランクフルトのコンセプトモデルと共に、若干デフォルメされた以下の写真を掲載したことがあるのだが、覚えているだろうか。
a0010297_16103659.jpg


そして今日紹介したいのは、最近見つけた別のBMW公式写真です。
a0010297_16114439.jpg


たぶんボンネットの正面部分がカットされライトの部分だけが見えているので、なお強調されて見えるのだと思いますが、この写真を見てもNEWMINIのライトは本当に横(縦に?)に長くなってきたなぁ、と思います。
古い人間の私が、このライト形状を見て思い出すのは、ジャガーEタイプかシトロエンDSなんですよ。
a0010297_1622270.jpg

a0010297_16223091.jpg

両者とも歴史に残る名車で私は大好きですが、まさかMINIがこんなスタイルになってゆくとは思いませんでした。
しかし、前にアストンマーチンのデザインを引き合いに出して、デザインの変遷を考えた事がありましたが、あの方向性で行くと確かにMINIのライトは長くなりボディに埋め込まれたスタイルになってゆくのでしょう。
しかし、MINIにとって愛らしい丸いライトは大きな特徴の一つですので、前から見た丸目という特徴だけは引き継いでゆくと思います。

以下はジャガーEタイプを正面から見るという珍しい写真ですが、これを見ると超流線型のEタイプでも正面から見ると、愛らしい丸目なんですね。(^^)カワイイ
a0010297_16395575.jpg

[PR]
by kan2_MINI | 2007-08-10 16:12

ゴーカートフィーリング

MINIはそのクイックなハンドリング特性から、「ゴーカートフィーリング」をその特徴としています。
と言うことなのだと思うのですが、MINI EXPERIENCEというイベントでは、実際にゴーカートを用意してMINIをPRしているのですね。
a0010297_15574341.jpg


でも、実際にレーシングカートに乗ったことのある人ならわかると思うのですが、いくらMINIのハンドリングがクイックでサスが堅いからと言っても、カートとは全く違います。
普段、道路でMINIを乗る分にはクイックなハンドリングは非常に楽しいのですが、カートを乗った後でMINIに乗ると、MINIが豪華ラグジュアリーカーに思えるほど、乗り心地が良く感じます。

なので、宣伝文句としては「MINIはゴーカートフィーリング」で良いのですが、実際に乗り比べさせたりするのは「洒落にならない」って思うんですけどねぇ。
[PR]
by kan2_MINI | 2007-08-10 16:02

Shooting Brake

MINIの新しい仲間、MINIクラブマンが発表になった。
観音開きのリアハッチをもつその姿はなかなか個性的だと思う。

実は私のところにはBMWのPRESSから公式情報がメールで送られてくるようになっている。日本のプレスのほかにUKのPressからもくるようにしているのだか、UKからのメールにMINI ClubmanのExteriorについて‘Shooting Brake Concept’ という言葉が出てくる。
------------------------------------------------------------------
Exterior
Many important details have made it into the production version of the ‘Shooting Brake’ concept first shown at Frankfurt almost two years ago. Historically, ‘Shooting Brake’ models are so-called due to a combination of premium two-door styling, with added interior flexibility for owners leading active lifestyles. The three versions of the MINI Clubman are identical to the MINI hatch design and body structure up to the B-pillar, retaining the familiar hexagonal radiator grille and large, round headlights.
-----------------------------------------------------------------
私はシューティングブレイクという言葉を知らなかったので、辞書で引いてみたら、ステーションワゴンと出てくる。「シューティング・ブレイク」はその言葉の意味から狩猟・ブレーキに関係あるなと思ったのですが、出てきた意味があまりにも違うので言葉に興味を持った。
考えてみると、車の形式の呼び方には様々な言い方があるが、どれも本当の意味を良くしらないのでこの際調べてみようかと思った。

【シューティングブレーク(Shooting-brake)】
ハンティング用高級(ラグジュアリー)ステーションワゴン。
brakeはブレーキでは無く「馬車」のことで、昔スポーツハンティングで用いられた馬車の形式でした。

【ステーションワゴン】
ステーションワゴンはアメリカの言い方で、英国では「エステートワゴン」です。
ステーションワゴンは文字通り、駅まで人と荷物を同時に送り迎えする為の車。

【エステートワゴン】
エステートは領地の事、つまり英国で領地の監視や整備に使った後ろに物の積める車です。

【ワゴン】
ワゴンはもともと馬車の中でも、人用ではなく「荷物用のサスペンションの無い馬車」を指しています。

こうして意味を調べると、なんとなく「なるほどぉ」と思えるところもありますね。
と同時に車用語って本当に英国や馬車を基本にしているんだなぁと関心させられます。

ps.
蛇足ですが他の言葉の意味で面白かったのは。
クーペ(COUPE)ですが、何となく自分では2ドアでスマートな車のイメージしか無かったのですが、語源はフランス語のCoupe(叩き潰す)という意味だとわかりました。(^^)
[PR]
by kan2_mini | 2007-08-08 00:00