<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ラタトゥイユ派生料理

ラタトゥイユは野菜のごった煮(ごった炒め)なので、少量ずつ刻んだつもりでも、どうしても全体が多くなる。冷やして毎日食べても飽きない味なので、ついたくさん作ってしまう。
そうなると、他にも使えないだろうかと思うようになる。
でも前に書いたように、暖かいままでも食べられるが、冷たい方が何倍も旨いので、使い方も限られてくる。そのままズバリで旨いのが「冷製ラタトゥイユスパゲッティー」だ。
夏にはトマトの冷製パスタという料理が良く紹介されるが、どうも味が薄くて単純で私は好きでは無い。でもラタトゥイユの冷製スパゲッティなら、かなり美味しい。
作り方と呼べるほどのものではないが、
茹でたスパゲティをオリーブオイルを絡めて、冷やしたものにラタトゥイユをかけて、絡めて食べるだけである。おしゃれで美味しい一品と言えるだろう。

さて、ここでラタトゥイユの派生料理として私が考案した料理で自慢の出来る一品がある。
名前を書くと既成概念が邪魔をすると思うので、作り方を先に書く。

1.余ったラタトゥイユを鍋かフライパンに戻して温める。
2.市販の安い「ミートソース」の具材を入れる。
ミートソースとラタトゥイユを混ぜるとどんな味になるか想像できるだろうか?
これだけでも、肉のコクが増すので、かなり旨いが私がそこで入れたものは 

「カレー粉」である。
S&Bの缶に入ったカレー粉を好きなだけ入れる。辛いのが好きな人は多めに入れると良い。
私は中辛なので、スプーンに2杯ほど入れた。

そして食べてびっくり! こんなに旨いカレーを私は食べたことが無い。
カレーと言えば、牛、豚、鳥、シーフード、などの味をベースにしたカレーばかりしか世間には存在しないが、私の作ったカレーは「野菜の旨味100%」と言っても良いくらいの、野菜カレーなのだ。

野菜カレーと単純に考えればメイン具材の入っていないカレーになってしまう訳で、煮込んだ野菜に只のカレー粉を足してもふぬけのカレーになるのは明白だ。
なのにラタトゥイユで作ったカレーは「抜群に旨い」。

これは、ニンニクやオリーブオイルやワインで、本当にじっくり野菜の旨味を引き出したカレーだからだ。さらにどうしても足りなくなる、肉系のエキスや甘みを「ミートソース」が補っている。
なのでそこにカレー粉を入れるだけで、信じられないほどの美味しい野菜カレーになるのだ。もともとペースト状のラタトゥイユとミートソースなので、とろみも充分に付いているから、本当に混ぜるだけでベストのカレーが出来あがる。

これは「究極の野菜カレー」 と言って良いだろう。

私の舌が信じられない人は、是非作ってみて欲しい。
自分で作る以外に味わう方法は無いですけどね(^^)
[PR]
by kan2_MINI | 2008-08-19 17:05

ラタトゥイユ

ラタトゥイユという料理がある。
名前を聞くと?と思われるかも知れないが、きっと誰でもどこかで一度は味わったこ とのある料理だ。一般的にはメイン料理ではなく、付け合わせの野菜的に扱われるので、名前を知らない人が多いかも知れない。
昨年大ヒットした「レミーのレストラン」というアニメ映画の、原題が「ラタトゥイユ」というこの料理の名前なのだけど、あの映画を見ても料理の正体は解らなかったと思う。
要するに夏野菜の煮込みなのだが、フランスの田舎家庭料理なので、特に正式な作り方が無く、家庭によって味も若干違うようだ。
と、ここまで書いてもどんな料理か解らないだろうから、写真を載せることにする、、、。

a0010297_2229720.jpg


これでもハッキリとは解らないと思うけど、一言で料理法を書いてしまえば、「ズッキーニなどの夏野菜をオリーブオイルとニンニクでじっくり炒め煮したもので、冷やして食べると美味しい」料理である。
味にするどい人ならこれで大体の想像がつくと思うが、思ったよりもずっと奥深い。
最近、この料理に凝っているので、書くことにした。
そうそう、凝っているのはこの料理を作り方についてである。
私の作ったラタテュイユがなかなか評判が良いので、私のレシピを書いておこうと思う。気になった人は是非作ってみて欲しい。焦がさなければ誰でも出来る、そうとうに旨い料理なのだから。

私のラタトゥイユレシピ

先ず用意するものだが、絶対に必要なものと、無くとも何とかなるものがあるが、これだけは無ければ作らないという材料は1.トマト 2.ニンニク 3.タマネギ 4.ズッキーニ 5.パプリカ 6.カボチャである。通常はこの他にピーマン、ナスなどを入れる。他に入れるとすれば火を通すと甘くなる野菜が良いだろう。調味料はオリーブオイル、塩とコショウとわたしはバジル、タイムを入れる。

次に作り方だが、大きめのフライパンにたっぷりとオリーブ油を注ぎ、刻んだニンニクを入れ、弱火でジックリ炒め、ニンニクの香りを充分にだす。
そこに2cmほどにカットしたタマネギを加えゆっくり炒める。ここでのポイントはいかに焦がさずにタマネギの甘さを引き出すかという事である。あとはおなじくらいに切った野菜を順にゆっくり炒めてゆくだけなのだが、なすは油を凄く 吸うので、別のフライパンで炒めたほうがおいしくできる。カボチャはカットしたものを電子レンジで予め熱を通し最後の方で入れた方が形崩れし難い。
私は全体に野菜類は小さめにカットして炒めるのだがズッキーニは意外と大きめにカットした方が、存在感が増して美味い。最初は水分が足りないので、ゆっくりと弱火で野菜の水分を引き出しながら炒める。塩は少量を先に入れると野菜から水分が出やすくなるので早く味が馴染むようになる。当然最後の仕上げは塩加減なので最後に調整出来る分を入れすぎてはいけない。ゆっくり炒めてゆくと水分が飛んで底が焦げる可能性があるが、そこに白ワインを上手く使ってゆっくり炒めるとワインの風味も野菜に良く染みこむ。

他のレシピを見ると意外と短時間に簡単に作っているが、炒め足りないと思う。じっくり野菜の甘さを出して、煮崩れするまで炒めた方が味が良い。完成まで1時間半はたっぷりかかるが、その大部分は焦げないように混ぜるだけであり、水を使わず野菜の持つ水分だけで野菜の甘みを引き出し、それを白ワインで伸ばしてまた野菜に吸収させるという作業なのだ。

全部の野菜がしなやかになじんだ頃トマトを加える。私は甘みと酸味とコクを考慮した結果、ホールトマトを使っている。トマトと一緒にバジル、タイムなどの香草を加える。
トマトはかなり水分があるので、この段階で再び料理はベチャベチャになる。最終的な仕上げの頃合いはトマトの水分が減って全体にカレーライスよりもベトつくようになった頃である。
味の最終仕上げは塩とコショウで好みの味に仕上げる。
ただし、この時点でラタトゥイユは温かい。実際に食べるときは冷えた状態なので塩味はかなりきつくなる、つまり少し薄味と感じるくらいがちょうど良いのである。

この料理は温かいままでも、まぁまぁ美味しいのだが、本領は冷やしたラタトゥイユだ。
冷蔵庫で冷やしたものをそのまま白ワインと一緒にか、美味しいパンと一緒に食べるのがベストだ。
これが抜群に旨い私のラタトゥイユなのだ。
[PR]
by kan2_MINI | 2008-08-18 22:31