<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ディーラで色々

日曜の夕方、久しぶりにディーラへ行ってきました。
結構客がいて担当の営業マンと話すまで1時間くらい待たされたです。
まぁ、「行くよっ」とは言っていたけど、時間など約束していたわけでも無いし、特に急ぐ予定も入っていなかったので、雑誌など見ながら待っていました。
MINIを買った頃は、故障や不具合も多かったし友人との待ち合わせもディーラが多かったので、毎週時間があればディーラに行っていました。
最近は何か用がないと行かないのですが、一つだけ定期的な用があります。それは「MINI international」という雑誌をゲットするために行くのです。
その雑誌も今や#28になりました。この雑誌、世界中の都市を紹介しながらMINIの情報も掲載するというスタイルなのですが、正直この雑誌の編集感覚に私は付いて行けていません(^^)
a0010297_1449139.jpg

なので読んでいても「ワクワクと面白い」なんて全然思いません。でも、この雑誌の持つ雰囲気は今のMINIそのものなんです。
この国際的でありながらどこの国でも無い。ごちゃまぜでありながら、ハイセンスと思わせる雰囲気は大好きです。内容をじっくり読むのではなくペラペラとめくって、行ったことのない国の雰囲気を感じながら、そこにMINIがいる。これが良いんです。
なので毎号いただきに行っています。
定価500円って書いてあるから基本的に無料では無いのですよね。でも私のところのディーラでは自由に配布しているようです。人によって違うかも知れません。

自慢になっちゃうかもしれませんが、2002年のNEWMINI発売の時から、いままで全ての号をいただきに行っていますので、26冊全ての号が私の本棚には並んでいます。
日本でMINIが発売になる前にこの雑誌は創刊されていますので、#1と#2の2巻だけ私は持っていません。
日本語バージョンは無かったはずなので、手に入れようと思ったら海外から入手することになると思いますが、無理して手に入れようとも思っていません。
それは、私の持っている26冊全てが自分でディーラに足を運んで入手した物ですから、これは私とMINIとの付合いそのものなんです。
1号も切れることなく6年以上、私とMINIの関係、つまりディーラとの関係が続いているという、その形がこの雑誌だったりします。
確かに私はMINIという「車」をこのディーラから買ったのですが、私が買ったのはMINIという車だけではなく、ディーラとの付合いや、MINI internationalという雑誌をもらい眺める事、をも含めた「MINIのある生活」全てをひっくるめて手に入れたのだと思うのです。

PS.
MINI international の雑誌には当初よりCDが添付されています。6年前のCDには音楽の他に簡単な動画が付いていただけでしたが、最近のCDを見るととてもセンスの良いインタラクティブなインターフェースを持つ最新の動画像がメニューとなって、MINIの魅力を伝えています。
こんなところにも6年の時の長さと、コンピュータ技術の進歩を見ることが出来るのが興味深かったりします。
ちなみに今回のおまけCDにはJCWワークスの素敵な動画が付いてきていましたので、本当はダメなのでしょうが、このサイトにも添付して見たりします(^^)

JCW CF http://homepage.mac.com/kan2/MOV/jcooper_NEW.mp4
サイズがでかいのでなかなか始まりません。
[PR]
by kan2_MINI | 2008-09-08 14:54