<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

車検後

私のMINIが7年目の車検と修理から上がってきました。
この時期は洗車も掃除もほとんどしていませんから、車内もかなりドロドロだったのですが、ディーラに入れると車内まで綺麗にして帰ってくるのが嬉しいです。
さて、今回の車検で大きな修理&変更は足廻りです。限界まで磨り減ったディスクロータとディスクパッドを4輪とも交換し、さらに今回はフロントロアアームのブッシュを交換し、アッパーマウントのナットが緩んでいたのを交換しました。
そして今日車を受け取って帰路、修理された車はハッキリと体感できるほどの変化がありました。

一番の変化はフロント周りのリフレッシュでしょう。思えばサスペンションの上下が両方共緩んでいたわけで、そういえば普段乗っているときから、なんとなく振動やビビリが大きくなったきたかなぁ、位には思っていたのですが、徐々に起こる小さな変化には体が慣れてしまうのでなかなか感じにくいものです。

それが今は「シャキ」っとした乗り味で、大げさに言えば新車の足回りに戻ったような感じです。
そう、新しい運動靴を履いて紐をきちっと締めた感じですね。
まぁ、室内のビビリは相変わらずあるのですが、軽い段差を乗り越えるときのハンドルの手ごたえといいますか、車体の揺れといいますか、これまでは「ガタタッ」と乗り越えていたギャップを、「トトッ」っといなします。
従って、ハンドリングのダイレクト感が増した感じで、運転が楽しくなりました。
この修理に39,365円かかったわけですが、これは正解ですねぇ。
皆さんももし、フロントのブッシュが交換ですねと言われたら、「出費は痛いですが、喜んでお願いします」とお答えください(^^)

問題はリアだな。
以前からリアは冬タイヤにすると、大きな段差を乗り越えるときにギシギシという嫌な音がしたのですが、夏タイヤにすると収まっていました。今年はまだ冬タイヤですが、夏タイヤにしてまた収まれば良いのですが、収まらなかったらリアのブッシュも含めて一度見直してみようかな。

ps。
今年も明後日ですが雪融けと同時にボディーコーティングを行います。
これで3年連続コーティングですが、これからも出来れば続けたいと思っています。
塗装を保護し艶やかなボディを保つためには、出来るだけボディーに触らないことという教えに従って、洗車は極力簡易に行い、たっぷりの泡でやさしく洗い水で流した後は、ボディを拭かずにワックスもかけないという方法をとるつもりです。
水を拭き取る代わりに吹き飛ばすエアーコンプレッサーが欲しいなぁ。
[PR]
by kan2_MINI | 2009-03-20 14:55

7年目の車検

MINIの維持費は高い。
そう思っている方も多いことでしょう。
そして、MINIを買ってから日の浅い方は「この先どれくらい維持費がかかるんだろう」という不安をお持ちの方も多いと思います。
幸か不幸か私はMINIをいち早く手に入れていますので、今年はついに7年目(3回目)の車検となりました。
そこで、7年目の車検ではどのくらいかかったのかをここに大公開いたします。
ディーラによっても車検内容は違いますが、多少なりとも参考になればと思います。

7年目(10万キロ)の車検内訳 
【経費】
24ヶ月点検等             23,400円
シャシー、エンジン洗浄等      17,535円
排ガス、ライトなど検査料      13,500円
印紙、保険、税金等         79,970円
---必要経費計-------  134,405円

【依頼】
オイル&フィルタ交換         15,519円
ブレーキフルード交換         3,810円
フロント下部整流版交換       2,685円
エアコンフィルター交換        7,680円
--交換依頼計------     29,694円

【修理】
オルタネータベルト交換        6,795円
フロントロアアームブッシュ交換  39,362円
フロントアッパーマウントナット交換 2,178円
パワステオイルホースバンド交換  7,986円
ブレーキディスク&パッド交換    78,252円
----修理計---------    134,475円

10年目車検合計額    298,672円

内容を3つに分けました。最初の経費はディーラで車検を受ける限り。誰でもかかる金額です。
民間の安いところだと、洗浄や点検の工賃などが多少安いでしょう。
次の依頼項目はこれを行わなくとも車検には通りますが、オイル交換やブレーキフルード交換も車検を期にやってしまおうという私からの依頼です。

問題は最後の修理項目ですが、ここに13万円ほどかかっています。これは国産車にはかからないことが多いのではないでしょうか。
中でも今回大きな修理が、ブレーキディスク&パッド交換とフロントロアアームのブッシュ交換です。
ブレーキディスクとパッドは5万キロ程度のときに一度交換していますが、これは「ブレーキは消耗品」という哲学でブレーキを設計している欧州車の宿命です。今後も約5万キロごとにディスクとパッドの交換に8万円ほどの出費を覚悟する必要があります。

最後に今回一番皆さんに伝えたいのは、フロントロアアームのブッシュに亀裂が入っており、それを交換したものです。
a0010297_1546732.jpg

このブッシュの亀裂はたまたま私のMINIだけに発見されたものではなく、同じ時期に納車した友人のMINIにも見つかりました。
つまり、このブッシュのやつれは経年変化と考えた方が良いと思います。
部品を検索してみましたが、この部品は設計変更されていませんので、ほとんど全てのMINIのフロント足回りは7年又は10万キロほどで、ブッシュを交換することになると思います。
[PR]
by kan2_MINI | 2009-03-16 15:29