アクティブサスペンション(BOSE)

MINIとは直接関係無いのだが、私にとってはかなり衝撃的なニュースだったので、ここで紹介させていただく。
BOSEという音響機器メーカが画期的なアクティブサスペンションを開発し、実用化が迫っているという。開発期間24年というそのサスペンションとは、バネやダンパーと言ったこれまでのサスの常識部品を使わず、リニア電磁モータによって直接タイヤを上下させるシステムであり、その制御には高速なCPUを用いている。
つまり、タイヤからの衝撃を受動的ではなく完全に能動的に受け止める。いわば電子の筋肉とも言えるサスペンションである。
このサスを使えば、平坦なコーナーではロールがゼロという理想的なコーナリングを行う。
また、極端なデモンストレーションではあるが、サスを強制的に瞬間的に伸ばすことにより、車が自らジャンプすることができ、カエルのように障害物を飛び越えるデモも行われ、集まった記者達から驚嘆の声が上がったということである。
a0010297_1157532.jpg

詳しいニュースは下記をご覧下さい。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/yajiuma/

PS.
まるでマッハ号のジャンプですね。
マッハ号のジャンプはオートジャッキを使ったものだったので、boseの技術の方がずっと上です。
[PR]
by kan2_MINI | 2004-08-27 11:56
<< ゴーカートフィーリング MINIサマーキャンプ2004 >>